読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masa / Lino Blog

Masanori Satoh ( Masa / Lino ) の徒然ブログです

Apache2.0 MPM workerに変更

Apache2.0のMPM(マルチプロセッシングモジュール)を変更して、
デフォルトのプロセスベースのprefork起動から、
スレッドベースのworkerに変更する方法。
ちなみに手順はCentOS4.1(Red Hat EnterPrise Linuxほぼ完全互換)にて確認

一般的に安定しているのは、プロセスベースのprefork。
処理が軽く、大規模システムに向いているのはworkerと言われている。
#apache benchで試したら、preforkの方が同時アクセス数は大きかった。。。

1. /etc/sysconfig/httpdに以下を追加

HTTPD=/usr/sbin/httpd.worker

2. /etc/httpd/conf.d/php.confを削除

worker起動ではPHPをサポートしていないため、
PHPローディングを解除しないと起動不可能。
なお、Apache2ではhttpdを外部ファイルから
追加で読み込める。追加読み込みのファイルは
/etc/httpd/conf.d
においてある。*1

以上です。