Masa / Lino Blog

Masanori Satoh ( Masa / Lino ) の徒然ブログです

Trac月でらくらく開発スタート

システム開発には開発環境は必須です。
ただ、大体現場において開発環境を整えるために時間を割くより、さっさと環境を整えて開発に入りたいはずです。
そんなときにはTrac月がオススメです。


僕も最近開発をスタートしたので、開発環境としてTrac月を利用しました。
Windows(できればWindows Server)がインストールされたマシンさえあれば、インストールから初期設定まで、あっという間に完了です。


実は最初は開発メンバーにはSubversionをインストールすると伝えてあったのですが、Subversionの環境を整える前に、こっそりとTracのトップWikiを整備して、チケットを何枚か追加しておきました。
使い方を教えるときにTracの使い方も教えたので、いまやプロジェクト管理もTracでできるようになりました。
大体、人は知らない技術とかツールを見ると拒否反応を起こしますが、誰でも使えるようにして環境まで整えて既成事実を作ってしまえば、結構利用してもらえるものですね。


Trac月の紹介では、あまり取り上げられていませんが、バックアップ用のスクリプトが用意されています。
Subversion上のソースコードのバックアップは重要ですが、手間がかかるのでめんどくさい作業ですが、Trac月では、タスクスケジューラにスクリプトを登録するだけで完了です。
もちろん、スクリプトのバックアップ先を外付けドライブやネットワークドライブにする必要がありますが。


OSSツールは運用が無視だったり、日本語環境が充実していなかったりと、使う人を選びますが(と思う)、Trac月は本当に現場ですぐ使えるツールだと思います。