読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masa / Lino Blog

Masanori Satoh ( Masa / Lino ) の徒然ブログです

USBブートするUbuntu 8.10を作ってみた

UNIX

HDDにインストールしたUbuntuでも、CD−ROMからLiveブートした状態で作成できるようです。


ちなみに、僕はLive-CDでブートした状態で作成しました。
大まかな手順は

1. フォーマットされたUSBフラッシュメモリを用意する。

フォーマットしていなくても大丈夫かも知れませんが、私はWindowsを使ってFAT32でフォーマットしました。
ちなみに、OSのイメージ領域だけで659MBほど必要なので、最低でも1G程度のUSBメモリが必要です。

2. 管理メニュー?(うろ覚え)にあるMake USB Startup Diskを起動する

USBメモリ上にストレージ領域を作りたい場合は、以下の手順を踏みます。

3. Stored in reserved extra spaceの容量を増やす

ここで、増やした容量分USB上にストレージが確保されます。
ここを0にすると、ブートイメージだけのUSBフラッシュメモリが作れます。

参考サイト:Ubuntu日本語フォーラム /「Make USB Startup Disk」 の使用法と「ブートCD」


前にUSBブートするUbuntuを作ったときはとても苦労したのですが、とても簡単になっています。


Live-CDもいいのですが、ストレージも一緒に持ち運べるのでUSBブートするLinuxはとても便利です。
最近USBフラッシュメモリも激安ですし、皆さんもおひとついかがですか?