Masa / Lino Blog

Masanori Satoh ( Masa / Lino ) の徒然ブログです

USBブートするKNOPPIXを作ってみた。

正月休みに暇だったので、USBメモリで起動するKNOPPIX 5.3.1を作ってみました。
もはやCDを焼くのがめんどくさかったので、VMware Playerを使ってISOイメージ使ってブートした状態で作成しています。
VMware PlayerでISOイメージを使う手順はVMware PlayerでISOイメージをマウントするを見てください。

準備

必要なものは以下。

ちなみに僕は、KNOPPIX5.3.1CD日本語版(LCAT対応) 700MBをhttp://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/からダウンロードしました。
僕はWindowsのデータ領域としても使いたかったので、あらかじめFAT32でフォーマットしておきました。

実行

1. KNOPPIXをブートする
2. USBフラッシュメモリをさす
3. USBフラッシュメモリをアンマウントする
4. メニューのKNOPPIX - root shellを起動する
5. shelll上で"mkbootdev"と入力する。
6. 後は好きなようにmkbootdevを進める。ちなみに、あらかじめFAT32でフォーマットしていたので、僕はAの"Don't change ..."を選択

後は、勝手にコピーが実行されて、USBブートするKNOPPIXが出来上がります。

感想

以前作ったUSBブートするUbuntuは、結構重くて、非力なマシンだと厳しかったです。
KNOPPIXのCD版はかなり軽くて、エフェクトもついていていいですね。
KNOPPIXUbuntuと負けず劣らずGUIで簡単に作れました。


ちなみに、USBフラッシュメモリはこれを使いました。

SONY USBフラッシュメモリ ポケットビット 2GB USM2GLXSONY USBフラッシュメモリ ポケットビット 2GB USM2GLX

ソニー 2008-02-21
売り上げランキング : 12897

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
一応高速タイプらしいです。