読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masa / Lino Blog

Masanori Satoh ( Masa / Lino ) の徒然ブログです

入門Mercurialを読んだ

書籍

入門Mercurial Linux/Windows対応入門Mercurial Linux/Windows対応

秀和システム 2009-01
売り上げランキング : 56315
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
分散型のSCMが最近注目を集めているので、Mercurialの入門書を手にとって見ました。


この本は入門と銘打っているだけあって、バージョン管理システムを使ったことがない人でも読めるように書いています。
内容自体わかりやすいものでした。

また、付録にかなり詳細なコマンドリファレンスがついていて、Mercurialを使うなら手元において置いて損はないでしょう。


ただ、本自体はわかりやすいのですが、私は分散型のSCMを使う理由が特に思いつきませんでした…。
普段Subversionを使っていますが、途中の作業でもコミットコメントをきちんと残すという前提で、コミットを許可しているので
個人の履歴管理等でも特に困りません。
また、Subversionとネットワーク接続できない環境でもないので、環境面で特段困ることもありません。
一時的にネットワークが落ちても、Subversionはオフラインでも作業できるし。



何よりも、集中管理型じゃないのでどれがマスターなのかが、よくわからなくなり、マージとか大変になるんじゃないかなと思いました。


ただし、レベルの高い人が多数集まっているプロジェクトだと、どこでも作業できるし、各個別のリポジトリに気軽にコミットできるから、生産性が上がりそうですね。オフラインでコミットできるのも強みでしょうか。
そういう状況になったら、利用を考えて見ます。


ちなみにMercurialに限らずGit等の分散バージョン管理システムでは、以下の@itの記事がよくまとまっていて、すばらしいです。
ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(3)分散バージョン管理Git/Mercurial/Bazaar徹底比較