読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masa / Lino Blog

Masanori Satoh ( Masa / Lino ) の徒然ブログです

アジャイルサムライ−達人開発者への道−を読みました #agilesamurai

書籍 アジャイル

アジャイルサムライ−達人開発者への道−
アジャイルサムライ−達人開発者への道−Jonathan Rasmusson 西村 直人

オーム社 2011-07-16
売り上げランキング : 509


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
久しぶりに技術書を買いました。この本は原著The Agile Samurai: How Agile Masters Deliver Great Software (Pragmatic Programmers)を買おうかと思うくらい、読みたかった本の1冊です。タイミング良く和訳されたので、読みました。

感想は、熱くて、楽しくて、ワクワクする1冊です。300Pくらいの本ですが、内容が濃く、読み応えがあります。
それでいて翻訳もすばらしく、読み物として大変面白く読みやすいです。

内容はプロジェクトのスタートから運営、ひいてはリファクタリング継続的インテグレーションなどの技術的なポイントも解説されています。



特に面白かったのが、3章から5章のインセプションデッキです。インセプションデッキはプロジェクトに共通理解をもたせるためのツールで、以下の要素から構成されています。

  • 我われはなぜここにいるのか?
  • エレベーターピッチ
  • パッケージデザイン
  • やらないことリスト
  • 「ご近所さん」を探せ
  • 解決案を描く
  • 夜も眠れない問題
  • 期間を見極める
  • 何を諦めるのか
  • 何がどれだけ必要か

書籍の公式サポートページでブランクインセプションデッキも公開されています。
https://github.com/agile-samurai-ja/support/tree/master/blank-inception-deck

こういうのって、アジャイルプロジェクトじゃなくても、使えそうだし、職場でちょっとやってみようと思います。


まとめも、印象的でした。

・毎週、価値ある成果を届けられているか?
・たゆまぬ改善のための努力を惜しまず続けているか?

この2つの問いへの答えが「イエス」なら、君はアジャイルだ。

正直最初の質問がイエスと言い切れないあたり、まだまだ精進が足りません。


僕の開発チームは1年未満の未熟なアジャイルチームなのですが、このアジャイルサムライを手元において、困ったときにマスターセンセイに相談してみたいと思います。