読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masa / Lino Blog

Masanori Satoh ( Masa / Lino ) の徒然ブログです

VMWare PlayerでOS簡易インストールをしない方法

仮想化 Linux

VMWare Playerでは、新規OSをインストールするときに新規仮想マシン作成ウィザードで、ISOファイルを指定すると、OS簡易インストールモードになり、全自動でOSがインストールされます。


このOS簡易インストールモードは、全自動でOSがインストールされるので便利なのですが、言語がEnglishになったり、パーティションを選択できなかったり、インストールパッケージが選べなかったりと、かゆいところに手が届きません。


OS簡易インストールモードを避けて、普通にOSをインストールするには、新規仮想マシン作成ウィザードで「後でOSをインストール」を選択します。

その後、仮想マシン設定で、CD/DVD(IDE)でISOイメージファイルを選択すれば、普通どおりのOSのインストールができます。