読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masa / Lino Blog

Masanori Satoh ( Masa / Lino ) の徒然ブログです

絵で見てわかるシステムパフォーマンスの仕組みを読みました

書籍

絵で見てわかるシステムパフォーマンスの仕組みを頂きました。

関係者の皆様方、いつもありがとうございます。

 

この本では、システムのパフォーマンスについて理論的な解説から実践的な内容まで、丁寧に解説しています。

システムパフォーマンスの仕組みをちゃんと理解しようとすると、ハードウェアからOS、ミドルウェアひいてはアプリケーション(アルゴリズムなど)の非常に広範囲な知識が必要となります。この本では、それらの解説を、タイトルにある通り、「絵で見てわかる」ように、非常にわかりやすく、それでいてきちんと解説しています。

私がパフォーマンスエンジニアだったころ

私もその昔パフォーマンスを専門に扱うエンジニアとして、パフォーマンステストやトラブルシューティングをバリバリとこなしていた時期があったのですが、本書に書かれていること、本書で取り扱っている哲学には非常に共感が持てました。

現場で使えるデバッグ&トラブルシュート Java

実は私もその昔 現場で使えるデバッグ&トラブルシュート Java編 というパフォーマンスやトラブルシュートを主眼においた書籍を書きました。絵で見てわかるシステムパフォーマンスの仕組みと比べるとややJava寄りの内容となっています。ただ、執筆したのがかれこれ4年ほど前なので少し内容が古くなってきているでしょうか。ただ、理論をきちんと説明しているつもりなので、今でも役に立つと思います。

仮想化やクラウドまで!

絵で見てわかるシステムパフォーマンスの仕組みの話に戻りますと、昨今、仮想化やクラウドを使ったシステムを作ることが多くなってきていると思います。仮想化やクラウドの仕組みを意識したパフォーマンスも仕組みから解説されていて、今の時代にあった一冊と言えるでしょう。

ミドルウェアOracle Database、仮想化はvSphere、クラウドAWSの解説が中心ですが、仕組みから解説されているので、他のツールでも応用が効くでしょう。むしろこの組み合わせが1冊にまとまっていることが、素晴らしいと思います。

 

パフォーマンスに関して、しっかりとした知識と実践的なスキルを身につけたいエンジニアにぴったりな1冊です。