読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masa / Lino Blog

Masanori Satoh ( Masa / Lino ) の徒然ブログです

Gradle徹底入門を片手に快適Gradleライフ

書籍

翔泳社さんの徹底入門シリーズである、Gradle徹底入門をいただきました。ご関係者の皆様ありがとうございます。

 

入門というタイトルにもかかわらず、なんと592ページというボリューム。カバンでも自立しないのに自立する技術書です。あまりに厚すぎて読了までに時間がかかってしまいました。スイマセン…。

f:id:lino:20141207174510j:plain

 

Gradleといえば、Springプロダクト郡のビルドやAndroid Studioのビルドツールに選定されるなど、利用が増えてきているビルドツールです。

AntやMavenのようにXMLではなく、GroovyのDSLでビルド手順を書けるため可読性も高く、少ないコード量でビルドスクリプトが書けます。また、ディレクトリや依存関係の解決方法など柔軟性が高い点もメリットとしてあげられます。

 

Gradle徹底入門ではMakeから始まるビルドツールの歴史や、Gradleの動く仕組み、基本的な流れはすべて網羅していることは、もちろんのこと、実際にGradleを使って開発するときに必要となる以下のようなことにも言及されています。

これからビルドスクリプトを検討するのであれば、個人的にはGradleイチオシだと思っていた矢先に、このような徹底的に入門できる書籍があるというのは心強い限りです。

 

Gradleを使う人は片手に読みつつ進めると、より良いビルドライフを送ることができるでしょう。

Gradle"徹底"入門に恥じぬ、Gradleへの愛を感じる徹底ぶりで、一読の価値有りです。

Gradle徹底入門 次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築